MENU

車の査定を受ける前にしておきたいこと

車の査定依頼をしたら、そのままの状態で出すのではなくしておきたいことがいくつかあります。

 

まず一つ目が、洗車です。

 

査定では外装部分の状態がしっかりチェックされますので、泥や埃がついたままでは印象が悪くなります。
特にタイヤ回りの汚れや車のエンブレムなどの汚れは、ぱっと見の印象を下げてしまうため綺麗にしておきましょう。
一方、この時、あまり気にしなくていいポイントもあります。それが傷やヘコミです。

 

なんとなく傷やヘコミは査定にマイナスの影響を与えそうなイメージがありますが、よほど目立つようなものでない限りは、それほど大きな影響を与えません。
むしろ、査定のために傷やヘコミの修理をした場合、修理費用の方が高くつくこともありますので、そのままにしておいた方がよいのです。
次にしておきたいのが内装のチェックです。

 

内装はゴミなどが落ちているのかどうかよりも、備品の不具合の有無やシートの染み、リクライニングの動作などが重要視されますので、そうした点を確認しておけば掃除は大まかでも十分です。

 

もちろんゴミだらけ、埃だらけというのは大切に使われていないような印象を与えますので、多少の掃除は必要ですが、あまり神経質になる必要はありません。
またもう一つ、内装で大事なポイントは臭いです。

 

車内でタバコを吸ったり、ペットを乗せたりなどしていると気づかないうちに臭いが残ってしまっている場合がありますので、心当たりがある場合は消臭を忘れずにしておきましょう。
こうした査定のポイントを踏まえて事前に準備をしておくことで査定額をアップさせることに繋がるはずです。

このページの先頭へ
ダイエット方法