車の査定でチェックされるポイント

車の査定で査定士に見られるポイントを事前に把握しておきましょう。
MENU

車の査定でチェックされるポイント

車の査定を依頼する際にはさまざまなことに注意をしなくてはなりません。

 

中古品として買取ってもらうことが前提になるのですから、査定の中で中古車としての価値が無いと判断されてしまったのでは買取額も落ち込んでしまうのです。
では車の査定に置いてチェックされるのはどういったところかというと、これは本当にあらゆることが対象になります。

 

よく言われている走行距離については当然確認されるものとなっていますし、もし故障個所があれば問題になるでしょう。
そのため「どこを重視すると良い」というようなことを言うのは難しいわけです。

 

ただこの査定のチェックポイントを考える上で一つ覚えておくべきとなるのが「自分が中古品として買うならどうか」ということです。
例えば走行距離にしてみると、1万キロと走っている車と10万キロを走っている二台の車があって、全く同じ車種・年式だとするとどちらを選ぶかです。
ほとんどの人は1万キロ走行の方を欲しいと感じることでしょう。

 

またこれまで事故を起こして板金修理をしたというようなことに関しても、やはり修理を一度も行ったことのないものの方が人気の高いものになると考えて問題ありません。
そのため査定で高い価値が付くかどうかということに関しては「自分が欲しいと思うかどうか」を考えると良いのです。
もちろん実際に業者に見てもらった際の価格を比較することも重要ですが、まず最初にはこういったことを考えてみるようにしてください。

このページの先頭へ
ダイエット方法