車のローン中でも売却できます!

ローンが残っている状態で車を買取してもらう場合幾つかのやり方があります。ディーラーでも車買取店でも売却は可能です。
MENU

車のローン中でも売却可能!

事情があって、まだローンを返済中である車を手放さなければいけない場合でも、車のローンを一度完済することで売却可能です。

 

ローン返済中は、まだお金を貸している金融機関が所有者になっているので、売却するためにはローン完済によって所有権を取り戻す必要があります。

 

どこかの金融機関で新たなローンを組んで、その現金で車のローンを完済するのが理想ですが、すでにローンを抱えている以上、審査が厳しめになってしまいます。

 

ディーラーで新車に買い替える場合は、下取りの金額によってローン残高を減らし、その上で新車のローンに上乗せしてもらう方法もあります。

 

しかし、ディーラーでは車のローンが残っている状態での取引を前提としておらず、別の方法で完済するように言われてしまう可能性もあるので要注意です。

 

中古車買取の専門店では、車のローンが残っている中古車の買取も受け付けており、ディーラーよりもスムーズに売却できます。

 

基本的にディーラーよりも高値で買い取ってくれるので、まだ価値がある車ならば、買取価格の分だけで車のローンを完済することも可能です。

 

所有者がディーラーや信販系の会社名義になっていても、買取店がすべて手続きしてくれるので何も心配いりません。買取額がローン返済額よりも高ければ、その差額を差し引いた金額が支払われます。逆に、買取額がローン返済額よりも安い場合はその不足分を支払います。

 

そこで重要になるのが買取額です。買取額が高ければローンの返済の負担が減るのでいかに高く売るかがポイントです。愛車を高く売るには複数の車買取店に査定してもらい、買取額を比較する必要があります。比較しなければ安く買い取られてしまうので絶対に比較はして下さい。

 

買取店から一度に査定してもらうには一括査定が便利です。愛車情報を入力すると一度に10社まで査定してもらます。一括査定サイトはネット上にいくつかありますが、買取店の数が1000社も登録されているカーセンサーがおすすめです。

 

→カーセンサーの無料査定

このページの先頭へ
ダイエット方法